仮想通貨は今後も取引されるのか

かなり知名度が高くなってきている仮想通貨ですがやはりまだまだ相場が乱高下しているという側面があり、基本的な目的であるので決済ツールに使うということに関して言えば、まだまだ厳しいところがあると言えるでしょう。しかしながら、相場ができてから仮想通貨の市場がとても賑わっていることは間違いないことであり、多くの人が利益を出しているわけです。
さすがに言い過ぎであるだろうと言われている部分としては既存の法定通貨の信用がなくなるとか限界がでてきた、ということです。
なんだかんだ言っても仮想通貨自体も最終的な価値の裏付け的な部分としてあるのが様々な国が発行している通貨に変換することができるという点にあるわけで、独自に価値を生み出しているわけではないという点が勘違いしてはいけない部分であると言えるでしょう。
さて仮想通貨で利益を出している人たちということはかなり注目された部分があるわけですが実際にはどのように利益を出しているのかというのはやはり知りたいことでしょう。
簡単にいいますと売買益になります。仮想通貨自体は別に株式などと違って持っているだけで配当金をもらえるというわけではありませんので、売買をして取引を決済することによって最終的に利益に繋げるということになるわけです。
ものすごく仮想通貨で利益を出したということで一躍有名になった人などがその後の暴落などによって破産の憂いを受けることになってしまったというような話が出たりするのは、利益が出たといっても含み益であったということであり、例えば10万円で買った仮想通貨は100万円になって90万円の利益になったということになったとしてもこれは決済しなければまだ確定していない利益ということになりますので注意が必要になるわけです。
また、仮想通貨でトラブルになっていることの一番のものとしてあるのが盗難です。仮想通貨自体の偽造とかそういう部分に関しては特に問題が無いレベルでの技術が使われているのですが、取引所などにハックされて仮想通貨を盗まれるというような事件が出てきているわけです。
これをもって仮想通貨は危険なものであるとか不安定なものであると断ずることはやや間違いであると言えます。
あくまでそれは取引所の問題であり、仮想通貨の制度、設計に問題があるというわけではないからです。まだまだ世界的に仮想通貨は取引がされて、儲ける余地があるといえるのは確かでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です