仮想通貨の現物やレバレッジで儲ける

仮想通貨で儲ける基本は、売買によってもたらされます。売買の取引方法として数種類が存在し、一般的なのが現物取引です。
現物取引とは、現在の仮想通貨の価格で売買を行う取引方法です。取引しようと思っている仮想通貨が現時点で100万円であれば、100万円分の現金などで支払えば入手が可能です。保有後に110万円で売却した場合、差額の10万円分を儲けることができます。
単純に、現在の価格がそのまま反映される取引方法です。誰でも理解しやすく、仮想通貨を始めたばかりの初心者でも安心して取引できるのがメリットです。
現物取引には、他にもメリットがあります。保有する仮想通貨によっては、時期によって配当を受け取れます。配当とは、保有者に対するお礼のようなものです。ただ仮想通貨を持っているだけで、資産を増やすことができます。
また、現物取引なら、保有する仮想通貨の価値がマイナスになる危険がありません。仮に保有する仮想通貨の価値がゼロになっても、ゼロを下回ることは絶対にないと言うことです。万が一のことが起こっても、仮想通貨取引所に対する借金を背負うリスクがありません。
中級者から上級者向けの取引方法として知られるのが、レバレッジ取引です。
レバレッジ取引の魅力は、少ない資金で大きく儲けられるチャンスがある点です。
現物取引の場合、100万円分の仮想通貨を購入するには、100万円の現金などを持っていないと取引できません。
一方、レバレッジ取引であれば、資金の何倍もの仮想通貨を取引できます。2倍のレバレッジなら10万円の資金でその2倍、20万円分の仮想通貨を取引できると言うことです。
多くの資金を持たない人でもたくさんの仮想通貨の売買ができ、効率よく儲けられるのがレバレッジ取引の素晴らしさです。
また、レバレッジ取引なら買いだけでなく、売りから取引を開始することもできます。
仮想通貨を買い、値上がりした時点で売れば差額の儲けを得られるのが基本ルールで、現物取引だとこの儲け方に限定されます。レバレッジ取引で売りから入った場合だと、その時点から仮想通貨の価格が下がれば資産が増えます。資産が増えた時点で買い戻すことで、利益を得ることができます。
仮想通貨の価格がズルズルと下がる展開になっても、レバレッジ取引の売りを知っていれば、儲ける機会を逃さずに済みます。
ただし、レバレッジ取引では結果によって資産がマイナスになるリスクがあるため要注意です。利確と損切りを的確に行い、資産を守るテクニックを身につけることが儲けるコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です