速やかに送金できる仮想通貨とその理由

仮想通貨には、事前に色々な魅力があります。送金スピードもその1つです。銀行振り込みなどの方法と違って、かなりスピーディーにお金を送る事ができますが、その主な理由は直接送信です。銀行を経由しませんから、非常に速やかにお金を送れるようになっています。

銀行振り込みは時間がかかる理由

誰かに対してお金を送りたい時は、一応は銀行振り込みという手段もあるのです。相手の口座情報が分かっていれば、振り込みでお金を送れるでしょう。
ただ銀行振り込みでも、当日中に送金できるとは限りません。状況によっては数日ぐらいかかる事もありますから、注意が必要です。
例えば金曜日の夕方頃に銀行振り込みした時などは、数日ぐらいかかるケースが多々あります。そもそも銀行窓口は、お昼頃には閉まってしまうでしょう。たいていの銀行は15時ぐらいには窓口が閉まりますから、たとえ夕方頃に送金の手続きを行ったとしても、即日で相手にお金を送る事はできません。どうしても翌営業日まで待つ必要があります。
そして銀行の窓口は、基本的には土曜日や日曜日には営業していないのです。金曜日などに送金しますと、土日をまたいでしまうでしょう。3日ぐらい待たされてしまいますし、月曜日が祝日の時などは、さらに時間がかかります。

仮想通貨の送金がスピーディーな理由

ところで仮想通貨は、また話は大きく異なるのです。数日も待たされる訳ではなく、即日に送金できるケースも多々あります。なるべく早くお金を送りたい時は、仮想通貨も活用してみる方が良いでしょう。
ですから例えば、上記のように金曜の夕方頃に送金の手続きを行ったとします。その場合、仮想通貨なら当日中に送金できる訳です。銀行振り込みのように、数日ぐらい待たされる訳ではありません。スピーディーにお金を送りたい時は、仮想通貨はとても便利なのです。
なぜ仮想通貨は送金が早いかというと、銀行を経由しないからです。そもそも銀行を利用してしまいますと、どうしても窓口の営業時間や曜日に左右されてしまいます。窓口が閉まっていれば、時間がかかるでしょう。
ところが仮想通貨の場合は、わざわざ銀行を経由する事はありません。相手に対して直接データを送信できるので、非常にスピーディーなのです。
その仕組みは、メールを想像すると分かりやすいです。メールであれば、相手に対して直ちにデータを送信できるでしょう。
仮想通貨も、メールのように電子データを送信する訳ですから、手続きはスピーディーなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です